7月の終わりの庭

もうすぐ7月も終わり。

今の庭はバラがそろそろお終いで、アナベルや、ミソハギが咲き始めている。


アストランチア

アナベルとミソハギ

バラ ヘリテージとオカトラノオ

一昨年、おつとめ品で買った多分、クレマチス ブルーエンジェル。

クレマチスリトルネル

この横のピンクのバラ。

品種名を忘れてしまったのだけれど、友人が「多分パレードだよ」と教えてくれた。

ネットで調べてみたら、うん、パレードだよね!

四季咲きで、強健で、満開になると柔らかなカップ咲きになる、

この寒い地域で枯死もしないでこんなにシュートを伸ばしてくれて、

見事に花をつけてくれる優秀な子。

今は取りあえず花は終わったけれど、もう少ししたら、

また次々に咲かせてくれるので楽しみ。

この横のクレマチス・リトルネルは、冬に地上部は全部枯死するけれど

春には必ず芽を出して、こんなにもツルを伸ばして、満開に花を咲かせてくれる。


大好きなのに越冬できない植物もたくさんあるし、

耐寒性はあっても、ここの土地に合わなくて消えてしまう子もたくさんいるけれど、

寒さに勝てる、この土地に合う強い子たちだけが残っていって、

たくさんの花を咲かせて庭を彩ってくれる。


そういう、合う子たちが残っていくんだねぇ~とちょっと感慨深い。



富良野/花七曜

2002年、大阪から北海道上富良野へ移住してきました。 カフェレストラン・ドライフラワーと雑貨のお店・ドッグラン営業中。 田舎暮らしと果てしない庭つくり楽しんでいます。

0コメント

  • 1000 / 1000