花七曜のロゴができた

長年の懸案事項だった花七曜のロゴマークを、ようやっと

デザイン事務所にお願いして作ってもらった。


今までは、なんとなく自分で作ったりしたのを使っていたりしたけれど、

創業してもう15年目。

今年、有限会社から株式会社にして、思いを新しくして、

この先の10年20年と続けていくこと、

花七曜をブランディングしていくことを考えて。


どこで作ってもらうか、色々調べて、考えた結果、

ココがいい!と思ったのは大阪の事務所だったので、

なんか、それもご縁を思うなぁ~と。

家族と一緒に富良野に移住してから 少しずつ暮らしの根をはり、

地域の皆さんとのご縁(円)を大切にしながら、

花七曜というお店ができてきたというストーリーをコンセプトにしてくださったとのこと。


 ロゴマークにある花や植物は いわゆる「摘んだ状態の花でつくったもの」ではなく、

花七曜のこれまでのストーリーと見立てて、 

「育っている(育って来た)花々が大地に根を生やし立っている状態のもの」だそう。 

そんな状態の花々が円(縁)となりリースを構成しているという意味を込めて作ってくれた。


今の花七曜の思いを全部入れていただけたのが嬉しい。


花たちは別々にしても使えるので、

こんなふうにしても。


 このロゴにこめられた思いとともに、

この先も花七曜が、北海道の大地に根を張り続けていけるように頑張らないとね!!


富良野/花七曜

2002年、大阪から北海道上富良野へ移住してきました。 カフェレストラン・ドライフラワーと雑貨のお店・ドッグラン営業中。 田舎暮らしと果てしない庭つくり楽しんでいます。

0コメント

  • 1000 / 1000