枇杷

お隣のおじいちゃんから、もう7~8年前かなぁ?

冬の間だけ預かって欲しいと言われて

枇杷の木を毎年、冬に預かっていた。


北海道では枇杷の木は外で越冬できないので鉢植えにして、

霜がおりる頃に家の中に入れるとのこと。

大きくなりすぎて、家に入れる場所がないというので、

いいですよ~と言って気軽に預かっていたのだけれど、

大阪出身の私は、枇杷の木を鉢植えにするという発想がなかったので

ちょっとびっくりした。


大阪では普通に庭に植わっていて、花が咲いて、実がなって、

子供たちがちょこっと取って食べたりして、だったので(^_^;)


そのおじいちゃんも3年ぐらい前に亡くなって、

亡くなる前に、もう世話できんからあげる。面倒見てやって、と

その枇杷の木をいただいた。


夏、遅霜が降りなくなったら外に出して、

秋、霜が降りる頃には室内に入れて、ちょっと大きめの鉢に植え替えてやって、

これ以上は大きくなると家の中に入れられなくなるので、枝を切って。


一昨年、はじめて枇杷の花か咲いて、少しだけ小さな小さな実がなったのだけれど

そのまま大きくならずに落ちてしまって、とっても残念だった。

でも、

また今年、花が咲いて小さな実がなった。


今度は、大きくなってくれるかな?

大きくなってくれたらいいな~


北海道では枇杷は高級な果物なので、

もう10数年食べてない(^_^;)


結局食い気です(笑)

富良野/花七曜

2002年、大阪から北海道上富良野へ移住してきました。 カフェレストラン・ドライフラワーと雑貨のお店・ドッグラン営業中。 田舎暮らしと果てしない庭つくり楽しんでいます。

0コメント

  • 1000 / 1000