看取るということ

ムスメが中学生の頃、飼っていた犬はまだ若かったのに

多感な時期だったからか、

自分より先に犬が死ぬのは悲しいと言い出した。

その時に、私は、

先に死ぬからええねんで。

犬が残されたらもっとかわいそうやろ。

皆、いつか死ぬねんから、それまでを楽しく一緒に過ごして、

それで、ちゃんと最後を看てあげられるのが一番ええねん。

そしたら、虹の橋で待っててくれるから。

と、答えた。


それは、何頭かの犬を見送った、今も変わらない。




アッシュは、前の飼い主さんが亡くなって、里子に出されたのだし、

保護活動をしている友人の家には、亡くなったお年寄りが飼っていた猫たちが

たくさん保護されている。

主人が亡くなるというのは、彼らにとって裏切られて捨てられたのと変わりない。


人間で、親より子供のほうが先に死ぬのは逆縁というけれど、

犬や猫にとって、飼い主の方が先に死んでしまうのはやっぱり逆縁なのだと思う。


ただ、飼い主がいくら若くても、事故や、病気で、飼い主の方が先に死んでしまうこともあるので、

それは、例外として、横に置いといて(;^ω^)



ペットは子供のようなもの、とよく言われるけれど、

圧倒的に違うのが、自立させることができないということ。

だから、最後まできちんと看取るのが、飼い主の責任。


レオンは、自己免疫性溶血性貧血という病気になって、

今回再発して、予後を先生に聞いたところ、

再発しているから、完治は考えにくい。

また、今回は早く気付いたけれども、1回目の時の薬の量では治まらず、

2倍の量の薬で治まっているから、

今度再発したら、薬が効かないということも考えられる。

薬を飲み続けると副作用があるので、減らしながら、様子を見ながら、いつ薬をやめるか、と

再発したとしてもなるべく早く気付けるように注意すること。

それでも、年も年だから、どうかな~というところ。

とのこと。

だからと言って、レオンになにか特別なことを(甘やかすとか)するわけでもなく、

病気と付き合いながら、普通の日常を続けるのがいい、と私は思っている。



ブランも、足腰が弱くなって、おもらしをするようになって、

心臓が悪いので、心臓の薬は飲んではいるし、

大型犬なので、世話は大変だけれど、

でも、そんなふうに、ちゃくちゃくと毎日を過ごして、

年を取ってくれることが嬉しい。




不慮の事故や、若くして病気で亡くなるのではなく、

ちゃんとちゃんと年を経て、

まぁ、大往生だねと言われる年齢まで

寝たきりにならなくて、生きてくれることが望み。


まぁ、実際はみんながみんなそうはいかないので、

何があっても最後まで看るという覚悟は必要だけれど。


で、覚悟をするだけではなく、動物を飼うのならば、

実践しようね~と

思う。



できていない人もいるので、そういう話を聞くと、カナシクなる(-_-;)
















富良野/花七曜

2002年、大阪から北海道上富良野へ移住してきました。 カフェレストラン・ドライフラワーと雑貨のお店・ドッグラン営業中。 田舎暮らしと果てしない庭つくり楽しんでいます。

2コメント

  • 1000 / 1000

  • はな

    2017.03.01 06:40

    @ほしくまこ人も、犬猫もおなじですよね
  • ほしくまこ

    2017.02.27 07:03

    とても共感いたします。 私は2年前に母を看取りました。 命の大切さを深く思います。