レオンその後

先日、レオンがお星さまになった。



12月の初めから、何度か自己免疫性溶血性貧血を繰り返し、

やっぱり、脾臓に腫瘍があったようで、だんだんに、お腹がぱんぱんに膨らんでしまって、

立ち上がるのが辛そうになって、それでも最後まで、立ち上がらせてやると

自分で歩いていた。



脾臓を摘出する手術は簡単だけれど、それには出血が伴うこと、

大型犬なのでなかなか輸血はできないこと(血液が集まらないので)、

自己免疫性貧血なので、輸血したとたんに拒否反応をおこすこともあるし、

脾臓摘出したとしても予後は芳しくないこと、

今はいい麻酔薬ができてはいるけれど、10歳のアフガンハウンドの麻酔はすすめられないこと、

などなど。

かかりつけの末広動物病院の先生は、麻酔をかけたら再び目覚めない可能性がとても高いし、

それで治る可能性があるならいいけれど、そうではないので、手術はしたくないというし、


友達から紹介されて、とても信頼している先生なので、

いろいろ相談して、脾臓摘出の手術はせず、お薬で貧血を抑えて、

様子を見ていくことを決めたのは、先々月の初め。


脾臓の腫瘍が腹腔内で破れて出血してだと、苦しまないで逝くけれど、

腫瘍がどんどん大きくなって、肺に転移して長引くようなら

苦しむので、安楽死も視野に入れた方がいいと言われていた。


カリカリをほとんど食べなくなったので、

大好きだった缶詰を色々取り揃えて日替わりであげたり、

家で焼いたパンが好きなので、パンを食べさせたり、

手を変え品を変え。


他の犬達は、なんか、レオンだけ特別、とひがんでいたけれど、

まぁ、しゃーないよね(^_^;)


夜、静かに逝ってしまったけれど

安楽死を選ばずに済んだので、よかった。


後日、ブランのお薬を取りに行ったときに、

先生に、亡くなりました、と伝えたら、

視線が揺れて、目をふせて、「そう。」と短い一言。


慰めの言葉をたくさん言われるより、

私的にはそういうのが好き。


ありがとうございました。













富良野/花七曜

2002年、大阪から北海道上富良野へ移住してきました。 カフェレストラン・ドライフラワーと雑貨のお店・ドッグラン営業中。 田舎暮らしと果てしない庭つくり楽しんでいます。

0コメント

  • 1000 / 1000