うにと赤さん

孫が生まれて、犬たちや猫たちはどうなんだろうとちょっと心配していた。

特に、うに。


ブランはもう、おじいちゃんなので全然大丈夫。

もう、犬という感じではなく、ただただおじいちゃんで、老犬介護の状態なので(^_^;)


アッシュは、精神的に安定しているし、犬やら猫やらが増えてきたのを知っているので、

大丈夫だろうなと思っていたら、猫が1匹増えたのと同じぐらいな反応。


うには。

うには、レオンが亡くなった時に不安定になって、

ようやく安定したところだったんだけれど、興味津々。


犬は、咬むまえには、その前兆(警戒態勢に入って、咬むぞ!というのを体で表す)が

あるのでとてもとても気を付けていた。

赤さんが泣くと余計気になるらしく、周りをうろうろする。

でも、咬むという体勢ではない。


そして、匂いを嗅いで、頭や、足をなめようとする。

一応安全のために、

うにを引き取った時に一緒についてきた口輪(保健所にうにと一緒に置いていったそう。

口先は出る形のソフトな口輪)をつけて、匂いをかがせて、納得させてを繰り返して、

その後、口輪をとって、匂いをかがせる。

ちょっとなめさせる。

というのを繰り返して、

だんだんに、赤さんがいることに慣れていって、

今では、赤さんが泣いても全然、過剰反応しなくなった。


絶対大丈夫、というのはないので、これから先も注意していかないといけないけれど、

取りあえず、第一段階はクリアしたな、という感じ。



ただ、以前からの精神的理由での頻尿は、

夜中に2~3度が続いていて、それにはちょっと参っている(-_-;)

どうにかなんないかなぁ~



猫たちは、最初、警戒、

だいじょぶみたい。だいじょぶ。

で、

今はずっと一緒にいたかのようにふるまっている。


フェブ、でかい(^_^;)










富良野/花七曜

2002年、大阪から北海道上富良野へ移住してきました。 カフェレストラン・ドライフラワーと雑貨のお店・ドッグラン営業中。 田舎暮らしと果てしない庭つくり楽しんでいます。

0コメント

  • 1000 / 1000