みりんと料理酒

カフェレストランで使う、みりんと、料理酒を変えた。

知る人ぞ知る、美瑛の酒屋さん(もうすぐ旭川に引っ越しだけれど)

土井酒店さんのおすすめ。



みりんは、岐阜県 玉泉堂酒造の国産もち米を100%使用、

余計な添加物(糖類など)を一切加えずに作った、

「味美泉(あじみせん)」 一年熟成みりん。

まろやかで、甘くて、そのまま飲んでもおいしい。



料理酒は、

京都・伏見の松本酒造さんのもの。

お酒の成分のひとつであるアミノ酸は、コクと旨みを引き出す重要な要素。

その天然アミノ酸を普通酒にくらべて約6倍も生成する醸造法によってつくられたのが、

「純米 厨酒」。

使う量は通常のみりんや料理酒の半分ぐらいでいいとのこと。

量は少なくても、奥行きのある味になって、

もう手放せない。



富良野/花七曜

2002年、大阪から北海道上富良野へ移住してきました。 カフェレストラン・ドライフラワーと雑貨のお店・ドッグラン営業中。 田舎暮らしと果てしない庭つくり楽しんでいます。

0コメント

  • 1000 / 1000