アッシュ

金曜日、朝からアッシュの様子がおかしくて、

店をムスメとスタッフにに任せて朝一で病院へ走って、

まだ、診察時間前に着いたんだけれど、診てもらった。


肝臓の腫瘍でたまにある、急激な低血糖とのこと。

「これは、ちょっと危ない。厳しいよ。」と先生は言いつつ

早急に輸液して、検査して、

とりあえず血糖値は少し上がったので、このまま輸液は続けて様子を見るから

また夕方様子を見においで。と言われて

店もあることだし、で、いったん帰宅して、シゴト。


家で看取りたいという希望は伝えてあったので、

明日、家に帰ることを目標にしよう。と言われて、覚悟はしていたけれど。


夕方、4時過ぎ、閉店の少し前に電話があって、

血糖値がまた急激に下がって、亡くなったとのこと。


ほんと、うちに来た時も強烈だったけれど、

逝くときも強烈だよね。


6月19日のアッシュ



レオンを引き取った時には、

レオン5歳、アッシュ4歳、ブラン8歳だったので、

年も近いし、大型犬だし、こういうこともあるかもしれないと思ってはいたけれど。


まさか、ブランが残って、レオンとアッシュが先にお星さまになってしまうとは

思ってもいなかった。


ブランは来月15歳。

レオンは11歳で、3月末にお星さまになって、

アッシュは10歳。


この半年に、2頭はちょっときつかったな。



もう、こんなに大きな犬を私が飼うことはないと思う。

私の年齢もあるし、体力的に無理だろうなと思うから。


もう、ぎゅっと、まるでヒトのように抱きしめることはできないんだねぇ。


とても賢い子だったので、

ヒト(特に女性)を馬鹿にせずに、コマンドが聞くようになるまで、ものすごく苦労して、

とてもとても味わい深い子になったのに。



昨日、店を早じまいして、火葬してきた。




早すぎたよ。

あつお。



富良野/花七曜

2002年、大阪から北海道上富良野へ移住してきました。 カフェレストラン・ドライフラワーと雑貨のお店・ドッグラン営業中。 田舎暮らしと果てしない庭つくり楽しんでいます。

0コメント

  • 1000 / 1000