悩ましい庭

風のガーデンや、上野ファームや、観光を主体としたお庭に行ったり、

オープンガーデンをされている素敵なお庭に行ったり、

インスタやFBを見ると、

蜘蛛の巣も張っていない、虫食いもない、雑草もほぼない

手入れの行き届いたお庭に感動する。


一昨年までは、息子も管理に参加してくれていたけれど、

去年から、彼は農家修行中で全然暇がなくなって、

ほぼ一人で維持管理。

日々の仕事もあるので、それには広すぎるよね~(-_-;)

人を雇うほどの経費はかけられないし。。。


なかなか悩ましい。


うっそうとした庭


春はまだ大丈夫なんだけれど、

この時期になると雑草の威力もすごくなって、

植物たちもどんどん成長して、花が咲いて、散って、

虫たちも急いで成長して活動する。

あっという間にバラがまる坊主にされたり、葉っぱが穴だらけだったり、

蜘蛛の巣は、はらってもはらっても作られるし、

かといって、薬をまくのはちょっと悩ましいものがあるし、

除草剤も悩ましい。


ローメンテナンスガーデンを目指してはいるけれど、

理想と現実には大きな溝がある。


強い植物はこぼれ種や根を伸ばしてどんどん増えていくし、

弱い植物たちは消えていくしで、

同じものばかりになるような。


先月までは、うんざりしないで庭を見ていられるのだけれど、

7月中旬以降は、どこから手を付けたらいいのかわからない暑苦しいめげそうな庭になって、

また冬には、来年こそは!って思う。


堂々巡り。



毎年の堂々巡りから抜け出すには、どうすればいいのかを悩み中。


庭って、時々ストレスになるなぁ~と。

なんか本末転倒(;^ω^)








富良野/花七曜

2002年、大阪から北海道上富良野へ移住してきました。 カフェレストラン・ドライフラワーと雑貨のお店・ドッグラン営業中。 田舎暮らしと果てしない庭つくり楽しんでいます。

0コメント

  • 1000 / 1000