ミモザの日に

今日は国際女性デー


イタリアでは「ミモザの日」。



花屋さんの陰謀とかではなく、

イタリアの男性たちが、女性にこびへつらうためでもなく、

イタリアの男性たちは感謝を込めて女性にミモザを贈る。


イタリアでは、戦時中のファシズム政権下や、その後の反戦運動でも

女性運動が生き続け、1944年にイタリア女性連合が設立されている。

戦後初めての3月8日に女性の日をお祝いするのに選んだ花が、

町中を黄色く染める、誰にでもなじみのあるミモザだったとのこと。


国連が国際女性デーを1975年に定めるよりもずっと前から、イタリアでは

女性の日を祝っていた。


日本でも「ミモザの日」と、ミモザだけが先行したりしているけれど

(花屋さんの陰謀か?)

歴史も知ってほしいと思う。


国際女性デーに、

フェミニズムとか、男尊女卑とか、ジェンダーとかいうと

日本の女性の中には拒否反応を示す人が割といるけれど、


そんな人にも、読んでほしい本がある。

フェミニズムを振りかざすのではなく、

西原理恵子の経験に基づいて、これは覚えていてほしいということが

わかりやすく書かれている。


親やおばさんたちや、周りの大人の女の人たちが語らない現実。


もっと若いころに出会いたかったと思う。

西原さんは私より年下なので無理だけどね(笑)







富良野/花七曜

2002年、大阪から北海道上富良野へ移住してきました。 カフェレストラン・ドライフラワーと雑貨のお店・ コテージ(宿泊)・ドッグラン営業中。 田舎暮らしと果てしない庭つくり楽しんでいます。

0コメント

  • 1000 / 1000