出会い

札幌の、築30年の古いマンションの1室1室をリノベーションしていろいろなお店の入っているspace-15、 シャトー・ル・レェーヴ に行ってきた。

なかなかなこだわりのお店がいろいろ入っていて、とても面白かったんだけど、

その中に、大人と子供への贈り物専門店、 BROTHER SUN / SISTER MOONというお店があって、そこで、出会ってしまいました。


「世界の始まり」という絵本。

中央インドのゴンド民族に伝わる創造神話を、バッジュ・シャームが、描いた絵本で、南インドの小さな工房で、古布を材料とした手漉きの紙に、シルクスクリーン印刷で刷られ、さらに手作業による製本で、1冊ずつ丁寧に仕上げられているそう。で、3000部しか作られていないそうで、シリアルナンバー入り。


まるで工芸品のような絵本。


手に取った時に、和紙のような吸いつくような暖かい感じがとても気に入って、

いきいきした絵がステキ。


それと、もう一つ、

「雪がふっている」


「IT LOOKS LIKE SNOW」を、「雪がふっている」と訳して、そのほうがこの本にはとてもあっていると思う。

これも和紙のような柔らかい手触りの紙で、手縫いの製本。

開くと、真っ白なページに、ひとこと

「見てごらん 雪がふっている」

絵本と言っていいのかわからないけれど、絵本と言いたい、

読む人に、空想させる絵本。

誕生日が近いので、

ムスメが誕生日プレゼントに買ってくれました。


ありがとーーーー!!!


持っているだけで、嬉しくなるような絵本が2冊。



コドモに読んであげたくなる。


今は、読んであげるようなコドモは手近にいないので、
孫まで待たんといかんかな(笑)


あ、それと、ブラザーサン・シスタームーンは昔の映画で、

とてもきれいで、とても感動した映画だったよな。

お店の名前が懐かしい感じがした。




富良野/花七曜

2002年、大阪から北海道上富良野へ移住してきました。 カフェレストラン・ドライフラワーと雑貨のお店・ドッグラン営業中。 田舎暮らしと果てしない庭つくり楽しんでいます。

0コメント

  • 1000 / 1000