葛飾応為

もう4年前になる。

上野の森美術館に、ボストン美術館展の浮世絵名品展 北斎を観に行った。

その中で、

明らかに北斎の手ではない、それよりずっと繊細な美人画があって、

初めて、北斎の娘、葛飾応為を知った。



それから、応為に興味を持って、


杉浦日向子の「百日紅」を読んで、

梶よう子の「北斎まんだら」、朝井まかての「眩」を読んだ。




三者三様のお栄(応為の本名)で、

3冊とも楽しく読めた。


どのお栄も

絵が好きで好きで、好きで好きで、寝食を惜しんで描いていた。

究極のファザコンで、北斎という父の陰に隠れて、

歴史の中に埋められたような生涯に見えるけれど

それは、のちの世の私たちが思うこと。


彼女はきっとしなやかに江戸を生きていたのだろうと思う。



天才、北斎をして、

「美人画にかけては応為には敵わない。彼女は妙々と描き、よく画法に適っている」と

言わせたお栄。


もう一度、

ボストンにある応為の

「三曲合奏図」が観たい。


ボストンは遠いなぁ~(~_~;)

また、日本にこないかなぁ?




今度は、カナダ人作家のキャサリン・ゴヴィエが書いた

「北斎と応為」が読んでみたい。

でも、こういう読書は冬だね。


実店舗営業中はちょっと、読めない。

ビジネス書や、コラムは読めるけれど

朝が早いし、肉体労働になるし、

実店舗と、今年からは宿と、

もちろんネットショップと、

冬に比べて考えることが多くなるので、

物語は、物語に入り込みにくいもの。


冬だと、ネットショップの方だけでいいのでね。

まだ、アタマに空きがある(笑)


読みたい本がどんどん増えていく。












富良野/花七曜

2002年、大阪から北海道上富良野へ移住してきました。 カフェレストラン・ドライフラワーと雑貨のお店・ コテージ(宿泊)・ドッグラン営業中。 田舎暮らしと果てしない庭つくり楽しんでいます。

0コメント

  • 1000 / 1000