絶壁の上のパン屋さん

小樽から余市方面へ向かって、車で15分ぐらいかな?

忍路(おしょろ)というところに、有名なパン屋さんがあるというので、

小樽に行ったついでに行ってきた。


トンネルの横、海側の坂、こんなところに道があるの?と言うところを登って、

ヘアピンカーブを曲がって、細い道を行ったところにエルヴィグがあった。

駐車場の前は道を挟んで海。

パンの写真は撮り忘れました(^-^;

食べるのに忙しくて・・・(笑)


石窯で焼かれたパンは、外国のパンたちと言う感じで、カウンターの上のトレイに置かれて、ちょっと読みにくい字で名前が書かれていて、頼んで取ってもらうシステム。

奥の棚には焼かれたばかりのパンも並んでいて、そちらは名前も書かれてなくて、

初めての人にはちょっと戸惑う感じ。

でも、ゴルゴンゾーラとポロねぎのキッシュを頼んだら、

「ちょっと癖がありますけど、大丈夫ですか?」と聞いて下さったし、

あの棚にあるのは何?と聞いたら、親切に教えてくださったしで、

きちんと聞けば大丈夫。


美味しかったけれど、ワタシ的には、ちょっと濃かったかなと言う感じで、外国のパンでした。

ただ、パンオショコラは皮がパリパリだったし、

ムスメが食べたがっていたリンツァトルテがあって、これもとても素朴な味で、これは、また食べたいな~



こんなところでパン屋さんができるんだというのが驚き。

行った時も、次々にお客さんが入ってきて、5~6台とめられる駐車場にも車が出たり入ったりしていた。

町中からも外れて、こんな崖の上で、冬でも営業できるというのが、スゴイ!

街の中では通年営業は当たり前のことだけれど、

北海道の田舎というか、富良野ではスキー場の近くでないと、冬にはなかなか営業できないのが現状。

花七曜も、冬季休業してしまうので、いつか、冬にも営業できたらいいなとは思うけれど、暖房費も出ないので・・・・(^-^;


いろいろ問題は山積しております。

今はとりあえず、自社のとんがりと、マーケティングに取りつかれてるかな(笑)







富良野/花七曜

2002年、大阪から北海道上富良野へ移住してきました。 カフェレストラン・ドライフラワーと雑貨のお店・ドッグラン営業中。 田舎暮らしと果てしない庭つくり楽しんでいます。

0コメント

  • 1000 / 1000