摘果メロンと鶏肉のかき揚げ

花ランチは何種類かのおかずと、ご飯、自家製味噌のお味噌汁なんだけれど、

その時に採れるお野菜や、旬のものを取り入れながら、

甘いの辛いの酸っぱいのと、味と食材のバランスを考えて、娘と2人でメニューを考える。


今回のランチは、近くのメロン農家の荒さんから「摘果メロンが採れだしたよ~」とメールをいただいたので、じゃぁ、摘果メロンでしょ!と。


まぁ、ほとんどの方が、摘果メロンって何?

だろうなと(^_^;)

私も富良野に来るまでは知らなかった。


プリンスメロンを育てる段階で、たくさん実をつけすぎるとメロンが大きく育ってくれないので、育てる実を除いては採ってしまうのだけれど、それを摘果と言って、摘果メロンはその状態で採ったメロンの赤ちゃんたちのこと。

今の時期、富良野では農家のお店や、スーパーの地場産野菜のコーナーで売られていて、地元の人たちは、ほとんど、お漬物として食べるとのこと。

これが大きくなると富良野メロンになるのよ~


メロンと言っても瓜でしょ、ということで、毎年色々考えて、ナムルにしたり、豆腐ハンバーグをつめて煮てみたり。。。。

今年は、天ぷらは?ということで、試作しつつ、鶏むね肉とかき揚げにしてみた。

メロンのほのかな甘みと、こりこりした食感と、しっとりした鶏むね肉とがよく合ったので、お塩をつけて食べても美味しいけれど、ちょっと上品に、出汁あんかけに。


【作り方】

鶏むね肉は皮と油を取り除き、

摘果メロンは皮をむいて種を取り除き、両方とも1㎝角ぐらいに切る。

ボールに入れて混ぜ、塩を一つまみ入れて、天ぷら粉をまぶす。

水を適量入れて混ぜ、熱したサラダオイルにスプーンで入れてかき揚げにします。

かつおだしに塩、薄口しょうゆで味をつけ、片栗粉でとろみをつけます。

かき揚げを器に入れて、出汁をかけて、針生姜を添えて完成。


透けて見えるメロンのグリーンが初夏の雰囲気(*^-^*)


富良野/花七曜

2002年、大阪から北海道上富良野へ移住してきました。 カフェレストラン・ドライフラワーと雑貨のお店・ドッグラン営業中。 田舎暮らしと果てしない庭つくり楽しんでいます。

0コメント

  • 1000 / 1000