いつかは

森さんが、辞任した。

私も署名したので、辞めて下さってよかったんだけど。

その事について、色々は言われているけれど、言ってはいけない事を言ったのは確かだし、その後の開き直りもとても不快な気分になった。

でも、ある意味こんな風に問題になってよかったと思う。

女性を取り巻く問題について、たくさんの人が考えたから。
考えざるを得なかった人もたくさんいたし。

日本国内だけの問題だったら、また森さんが、で終わっていただろうけれど、国際的に問題視されて、変わっていかざるを得ないときっと沢山の人が、企業が直面したことは、森さん、ありがとうーだよね。


マイノリティが考えることが、だんだん、マジョリティになっていくと思えるのが嬉しい。
いつかは、今のマイノリティが、マジョリティになって、今のマジョリティがマイノリティに逆転してほしいな。


もうすぐ、ミモザの日。

イタリアの男性たちが、女性にこびへつらうためではなく、感謝を込めて女性にミモザを贈る。
イタリアでは、戦時中のファシズム政権下や、その後の反戦運動でも女性運動が生き続け、1944年にイタリア女性連合が設立されている。
戦後初めての3月8日に女性の日をお祝いするのに選んだ花が、町中を黄色く染める、誰にでもなじみのあるミモザだったとのこと。
国連が国際女性デーを1975年に定めるよりもずっと前から、イタリアでは
女性の日を祝っていた。

そして、3月8日は、国際女性デー

日本のジェンダーギャップ指数が少しずつでも上がっていきますように。


富良野/花七曜

2002年、大阪から北海道上富良野へ移住してきました。 カフェレストラン・ドライフラワーと雑貨のお店・ コテージ(宿泊)・ドッグラン営業中。 田舎暮らしと果てしない庭つくり楽しんでいます。

0コメント

  • 1000 / 1000