犬と泊まれる宿の看板犬?

今日、お宿の詳細を知りたいというお客様が来てくださって、

いろいろお話させていただいた。


ワイマラナーを2頭飼っていらっしゃって、

「ワイマラナー飼ってるんですよね!」と。

「いますよ」というと、

ぜひ会いたいと。


一応、札幌の保健所から引き取った子で、

噛むと言われていて、なかなか引き取り手が見つからなかった犬なんです。

今は噛むことはないと思うけれど、全然フレンドリーではなく臆病なので

触ることはできないと事情説明したら、

「え、その子、保健所に電話で問い合わせた」とのこと。


やっぱり、噛むと言われて引き取りをあきらめたのだそう。


それでも会わせてほしい、とおっしゃるので、

まぁ、ねえ、

自分が思い入れのある犬種で、あまり他にはいないので

見たい気持ちは私も一飼い主としてはわかる。

忙しかったり、他にお客様がいらっしゃったりするとお断りするのだけれど、

店には他のお客様もいらっしゃらなかったし、

時間もあったので、

店に連れて出て、会ってもらった。



うには、女性は大丈夫なんだけど、

やっぱり男性はまだダメのようで、

特にダウンとか着ていてガタイよく見える人がダメ。

ムスコは大丈夫になったけれど。

話しかけられたとたん、警戒して、う~っと唸っていた。


ワタシがついていて、

手を出さない限り、噛まないので大丈夫だけど。


年が明けたら、2頭連れて泊まりに来たいとおっしゃっていた。



なんだか、

うにを引き取りに行ったときに

保健所にいた年寄りのエアデールテリアがちょうど引き取られていくのを見て

安心したこと。

エアデールを引き取られた方が「ワイマラナー引き取るんですか?」と言って

喜んでいらしたことを思い出した。


以前にもお客様が「あの札幌の保健所にいた子なんだ。HPで見てたんです」と

言ってらして、

あの子がここにいるんだねぇと安心してくださることは、

ちょっと嬉しいことでもある。


皆を引き取れるわけでもないし、誰でもいいわけではないし、

うにはワイマラナーだから引き取ったんだし、ということに、

心が痛むこともあるけれど、

好きな犬種があるのはニンゲンだから仕方ないよとも思う。

そうやって自分を納得させないとどうしようもなくなるので。



夕方、友人が「お誕生日おめでとう」とお花を持ってきてくれた。

お花をもらうのなんか何年ぶりだろう。


「お花屋さんにお花だけど」と言いながら。


いえいえ、生のお花は扱わないから、いくつになっても、嬉しい。

かわいいバラ。


ありがとう!!


富良野/花七曜

2002年、大阪から北海道上富良野へ移住してきました。 カフェレストラン・ドライフラワーと雑貨のお店・ コテージ(宿泊)・ドッグラン営業中。 田舎暮らしと果てしない庭つくり楽しんでいます。

0コメント

  • 1000 / 1000