雪が流れる

今日は、なかなかな強風。



遮るのもが何もないので、

風で飛ばされた雪が道路に流れ出て、道をふさぐ。


まだこれぐらいなら、車は乗り越えて走るので大丈夫だけれど、

風で舞い上がった雪が時々目の前に立ちふさがるので、

運転は注意しないといけない。


幹線道路は除雪がかなり行き届いているのでこんなことはなく、

農村部の、ちょっと横道がね。


片側車線が半分ぐらいない。


まだ今日はマシな方で、

畑の中の道は風の向きとか降った雪の量で道が雪で埋まってなくなったりもするし、

車で走ると、自分の車が舞いあげる雪で何も見えなくなったりもする。

道路のラインも雪で見えなくなるので、だいたい~で皆走る。

つるつる路面の時もあるしねぇ。


お天気によって、なかなかハード(^-^;


でも、車がないと生活できないから慣れるほかはない。


なにせ、一番近いスーパーまで7~8キロだから。


冬は好きだけれど、

時々、よくこんなとこまで来たよなぁとしみじみ思うことがある。


携帯がつながらない場所も多いし、

車がたいして通らない道も多いので

そこで何かあったらすぐに死んじゃうんだよなと思う。


なかなかに自然が厳しいところ。



でも、夜、月の光に照らされて広がる雪原や、

木々に白い花が咲いたような樹氷のついた朝や、

そんな何とも言えないぐらいきれいな景色を見ると、

ここにきてよかったと思う。



夜には風がやんで、ぐっと冷えこんできた。

お風呂に入った後、犬を外に出していると髪の毛が束になって凍ってしまった(^-^;


明日の朝はものすごく冷えるらしい。

マイナス20度以下になるかなぁ?


そんな日々。







富良野/花七曜

2002年、大阪から北海道上富良野へ移住してきました。 カフェレストラン・ドライフラワーと雑貨のお店・ コテージ(宿泊)・ドッグラン営業中。 田舎暮らしと果てしない庭つくり楽しんでいます。

0コメント

  • 1000 / 1000