怖がり、りん

りん

札幌の保健所からうちに来て、もうまる6年になるのに、

怖がりなのと、

そらにはいじめられ、

フェブをいじめるのと

もふもふできる布物にはおしっこしちゃうのと、

フリーにすると家庭内野良猫のようになって触れなくなるので、

私の部屋子。


昼間はベッドの布団を片づけて(布団におしっこしちゃうので)

介護用の防水シートを敷いて(これもおしっこ防止用)

部屋の中フリーで、

部屋のドアは

閉め切ってしまうと外の様子がわからなくてかわいそうなのと、

暖房の関係で、

アイアンの網?のようなのでドアを作ってもらって出入りはできないけれど

様子はわかるようにしてある。

で、夜はケージという生活。


じっとしているとそばに寄ってきてふんふんしてみたり、

なでなでできたりするけれど、

動くとベッドの下などに逃げてしまう。


逃げるスピードは最初のころに比べるとゆっくりにはなったけれど。


そのりんが、

マゴにはちょっと違う反応だなぁとは思っていたけれど、

急に、どうしたんだろうという反応。



ごろごろしているマゴの横で、

触られても逃げない。

ふんふん


一緒にごろごろして。


生まれた時から一緒にいると犬も猫も子供には優しいような気がする。




富良野/花七曜

2002年、大阪から北海道上富良野へ移住してきました。 カフェレストラン・ドライフラワーと雑貨のお店・ コテージ(宿泊)・ドッグラン営業中。 田舎暮らしと果てしない庭つくり楽しんでいます。

0コメント

  • 1000 / 1000