日が沈んだら寝て日が昇ったら起きて

とても、とても規則正しい生活の日々。

なので、ブログや、インスタや、Facebookを書く時間がなく

滞っております(;^ω^)


北海道は今の時期、

午前3時ごろから明るくなって、

午後7時30分頃には暗くなる。

夏至の頃には午後8時頃まで薄明るい。




で、日が沈んだら寝て、日が昇ったら起きてという生活(^-^;


この年になって、こんな生活するとは思わなかった。

大阪にいるときは思いっきり夜型だったのに。


そして、朝起きてすぐにとりあえずアスパラ採り。

雨が少ないので今年は収穫が少ないそう。

そして、お宿の朝ごはんの用意。

その後やっと朝ごはんを食べて、

カフェの仕込みと続く。


昨日は台湾からの団体さんのランチのご予約が入っていたしねぇ。


ムスコはとうきびと、黒大豆とインカのめざめを作るそうだけれど、

トラクターが古いので、

故障したり、故障したり、

なれていないのと、一人なので、トラクターの後ろにつけて耕すのとか

じゃがいもまきするのとか、種まきするのとかの機械の取り換えに時間がかかるし、

耕すのも、豆をまくのも時間がかかるしで

悪戦苦闘中。


それでも、頑張っとります。


なので、手伝わないわけにはいかないよねぇと、

ムスコのパートナーと、ムスメと一緒に、色々手伝い中(それぞれ昼間はシゴトがある)なので、そういう生活。


まぁまぁ、ものすごい健康的なんだろうか。

ほんと、30代より、40代より動けるワタシにちょっと感心する(笑)


この辺の農家のお母さんにはかなわないけど、

朝、一番に畑に出ると、ご近所さんに「負けた」と言われるのが面白い。

朝に時間で、勝った負けたがあるんだ(笑)



アスパラは6月の初めには終わるらしいので、

あと少し。












富良野/花七曜

2002年、大阪から北海道上富良野へ移住してきました。 カフェレストラン・ドライフラワーと雑貨のお店・ コテージ(宿泊)・ドッグラン営業中。 田舎暮らしと果てしない庭つくり楽しんでいます。

0コメント

  • 1000 / 1000