庭の花

今の季節の庭が一番好き。




緑がきれいで、

まだ雑草の勢いがそんなになく、

宿根草たちも姿が乱れていず、

そろそろバラが咲きだそうかという時期。


銅葉がきれいなロサグラウカ

もうすぐ咲きそうなアルケミラモリス

白い雲のようなロクベンシモツケ

斑入りウツギ

ピンクのゲラニウムと黄色い花のリシマキア

銅葉のディアボロ

ディアボロと、向こうに見える白い花はいい香りのバイカウツギ


小さな花たちが好きで、

主人公がない庭だねと言われたことがあったけれど、

まぁ、そうかもしれないとは思う。


尊敬している名古屋のFlower Noritakeのアレンジが

主役がないようで皆が主役のような感じで、それが大好きなので

庭や、リースや、アレンジもやっぱりそういうのが好き。


なので、目を引く花はないけれど、こういう庭が好き。


あ、たまには目を引き花もあるかな。


真っ赤なおにげしの花

そして、大輪のシャクヤク


高浜虚子の句に「白牡丹といふといへども紅ほのか」というのがあった。

これはしゃくやくだし、ほのかではなく

紅がくっきり入っているけれど、

思い出してしまった。


白いしゃくやくにもこんなふうに紅が入ることがあるんだね。

ちょっと色っぽい。








富良野/花七曜

2002年、大阪から北海道上富良野へ移住してきました。 カフェレストラン・ドライフラワーと雑貨のお店・ コテージ(宿泊)・ドッグラン営業中。 田舎暮らしと果てしない庭つくり楽しんでいます。

0コメント

  • 1000 / 1000