青森に行ってきた

青森に行ってきた。

函館から津軽海峡フェリーで。

うにはメンタル弱男なので、彼が一番落ち着く車内残留。

お宿のアウトがあって、夏休みが終わってすぐインがあるので、

お宿のお掃除をしてから出発。

夜8時に乗って12時青森着。


そのまま八戸まで走って、館鼻岸壁朝市に。

舘鼻岸壁朝市は八戸の広大な岸壁に、毎週日曜日の早朝にだけ出現する巨大朝市。

ついたときはまだ真っ暗で何もなかったところに、

どんどん店が出て、明るくなるころには巨大な市場が出現していた。

焼きたてのパンや、小籠包、おだんご

お魚や、野菜等々たくさんのお店が出ていて、

見て歩くだけでも、とても楽しかった。


色々買って、食べたりしたけれど、

やっぱり、青森のお料理はしょっぱいという印象。

それがちょっと残念(;^ω^)


うに、生まれて初めての海。



砂浜で、喜んで波打ち際まで走って行って、

で、ざぶーんと波が来ると怖くて、逃げようとする。

レイニーも、アッシュもそうだったよな~

アフガンたちは波も怖がらなかったけれど、

家にいた歴代のワイマラナーは海はダメみたい。




岩場はそんなに波が目立たないので平気の様子。


マゴが、行きのフェリーで大はしゃぎでほとんど寝ず、

翌日の夕方からちょこっと熱を出して、

その日は浅虫温泉で車中泊して

月曜日の朝一で青森の小児科に行くというハプニング付き。


で、青森の市内をうろちょろして、フェリーに乗って、

函館で温泉に入って、道の駅、なないろ・ななえで車中泊。


帰り、札幌まわりで芸術の森美術館によって見たかったテオ・ヤンセンに行ってきた。


押して動かすことができたし、写真もOKの展覧会

ビニールのチューブがまるで生き物のように動く。

宮崎駿チックな、

テオ・ヤンセンの不思議な世界。



うには、車の中でだとほんとうにお利口で、

おしっこの失敗もなく、

要求吠えをすることもなく、うんともすんとも言わず

乗っているのかと思うぐらい大人しい。


ただ、ワタシへの分離不安は増したかなぁ

帰ってきてあとを追い掛け回すのが増えたみたいだし、

ちょっと調子に乗っちゃってどこへでも一緒に行こうとする。

そして、ハウスに入れると要求吠え。

でも、昔からしたらだいぶましにはなったかな


いつもと同じじゃないことに弱いけれど、

少しずつ、経験が増えて、改善していってると思う。


うににとっても、とても楽しかったようだし


また、お泊りで行こうね。。









富良野/花七曜

2002年、大阪から北海道上富良野へ移住してきました。 カフェレストラン・ドライフラワーと雑貨のお店・ コテージ(宿泊)・ドッグラン営業中。 田舎暮らしと果てしない庭つくり楽しんでいます。

0コメント

  • 1000 / 1000