ここにいると

とても静かで、

コロナで騒いでいることなんて遠い遠い世界の出来事のように感じる。




隣との距離も半端ないし、周りは畑だし、

TVもほぼ見ないし。


たまにうちの犬が鳴いてうるさいだけかな(笑)
マゴもうるさいけど、

保育園行くから(笑)


今朝はまた一面の雪景色。


月曜日。


スタッフが出てきて、ラジオがついて(工房はラジオを付けてます)

1日がはじまる。


受注処理や、メールの返信や、商品の梱包発送。

宅配業者が荷物を配達して、集荷に来て。


まだまだ通常業務のバタバタした1日。


こういう日が当たり前に続くことが、ありがたいと思う。



それでも、日常は何か一つ崩れると

いろんなことが変わってしまうこともあるということ。


それでも、

日々は続いていくのだということ。


中学の時に祖母が亡くなって、

はじめて間近で人の死を見て、

何も変わらないのに何かが変わった日々を感じた。


大学を卒業して、母が発病して、世界は変わらないのに、

自分の生活が急変してしまった。

あの日のように。


今度は、世界が変わるかもしれない。




富良野/花七曜

2002年、大阪から北海道上富良野へ移住してきました。 カフェレストラン・ドライフラワーと雑貨のお店・ コテージ(宿泊)・ドッグラン営業中。 田舎暮らしと果てしない庭つくり楽しんでいます。

0コメント

  • 1000 / 1000